どんな時に後見人が必要?

後見人が必要と思われる事例です。(参考)

 

@本人名義の銀行預金をおろす時。

A本人名義の定期預金を解約する時。

B本人名義の不動産を売却する時。

C遺産分割をする時。(本人が相続人のひとりである時。)

D施設や病院と入所契約をする時。

E本人の財産の管理する必要が生じた時。

F本人名義の保険を解約する時。

 

▲このページのトップに戻る