会社登記(変更登記)が必要になる場合

会社の変更登記が必要になる場合は以下の場合などです。

原則、2週間以内に変更登記を管轄法務局へ申請する必要があります。

@会社の名称(商号)を変更したとき

A会社の事業内容(目的)を追加したとき

B本店を移転したとき

C支店を設置したとき

D役員を変更したとき

E資本金の額を減少したとき

F募集株式を発行したとき(出資を受けたとき)

G会社を解散したとき

 

なぜ会社登記が必要なのか?

@企業としての信用につながる。

A取引の安全と円滑に資する。

B銀行などでは企業調査の資料として利用される場合がある。

C2週間以内に変更登記を行わないと過料制裁がある。

D12年間登記をしていない株式会社は解散したものとみなされてしまう。

▲このページのトップに戻る