後見人は誰がなるの?

後見人については家庭裁判所が選任します。

しかし、ほとんどの場合、申立時に後見人候補者を決めて申立を行います。

通常は、親族の方がなることが多いですが、親族の方がいなかったり、親族間で争いがある場合や、被後見人の流動資産が多額の場合などは、司法書士等の職業後見人が選任されることがあります。

▲このページのトップに戻る